menu

下柴彼岸獅子舞

福島県指定重要無形民俗文化財
下柴獅子団
広報渉外担当 綾田 成樹

TEL.090-5353-5962

伝統芸能についての課外授業2

昨年の12月22日に喜多方市の第三小学校の4年生に「下柴の彼岸獅子舞」で課外授業を行った。今回は3月3日に地元関柴小学校の3年生(21名)に「郷土の伝統芸能」として今日までの下柴の彼岸獅子舞を話した。下柴の彼岸獅子舞は、会津彼岸獅子舞のなかで、唯一、「幣舞小僧」が残されており、いまでも就学前後の男の子が小僧として踊っている。この3年生の中に、かつて小僧を3年踊った男の子がいて、自らが彼岸獅子を踊ったことで質問を多数寄せた。子供にしても大人と郷土芸能に携わったことが忘れられない思い出となっている。